ゆうぞうが心から信頼して尊敬している馬券師→うまめし.com 競馬必勝法

阪神競馬場の攻略法

まいど!馬券生活者ゆうぞうです!

阪神競馬場の攻略法についてちょっとまとめておこうと思う。阪神競馬場は直線に登り坂があって最後スタミナが削られるし、外回りコースは直線が長いから最後の攻防を予想するのが難しい競馬場やと言われとるな!

もくじ

  1. 短距離は差し・追い込みが弱いで!
  2. 芝1600mは超重要コース
  3. 大阪杯とか2000mは直線短いで!

短距離は差し・追い込みが弱いで!

阪神競馬場は最初にも言うたけど外回りコースは最後の直線が長いし、登坂があるから結構差しが決まるイメージを持ってる人も多いかも知れへんな。

そやけど短距離レースは内回りコースを使用やから、差し・追い込みは弱いで!

2016年のセントウルステークスの時にわしはこう言うとる…

TVの予想番組を見とったらやな、ペースが速くなって追い込み馬のティーハーフが最後突っ込んで来るなんて事を言うてる奴がおったんやが、セントウルステークスでは過去のレースを見ても後ろの追い込み馬が届くなんて事はまずあらへん。

そもそも芝の1200m戦なんかペースが早いのが当たり前で、ペースが遅くなる事なんかあらへんし、セントウルステークスに出走して来て上位人気するような馬はその速いペースの中先行しても後半スピードが落ちきらんぐらいの能力あんねん。

芝1600mは超重要コース

阪神の芝1600mコースは阪神JF・朝日杯FS・チューリップ賞・桜花賞・などなどの重要なレースが行われるコースやねん。

元々阪神競馬場というのはすごくコンパクトな競馬場やったんや、リニューアル前の貴重なコース図画像がJRAの公式ページに掲載されとったので見て欲しい。

阪神競馬場の旧コース画像

阪神競馬場リニューアルコースを徹底解剖!より画像引用

旧1600mコースは折れ曲がったポケットからのスタートで、直線も短かったわけや。

それがリニューアルされてからは最初のコーナーまでも長なったし、外回りコースになったから最後の直線距離は東京の次に長いという全然違うコースに変わった。馬場改修が行われたのは随分昔の話やけどな。

これで差しがよう決まるようになったでな。

阪神芝1600mについては阪神芝1600m特徴でも詳しく書かれとるよって、参考にしてみたらええわ。

大阪杯とか2000mは直線短いで!

大阪杯で使われる阪神の2000mは内回りコースやから直線が短く、追い込みや差しの脚質の馬にとっては有利とはいい難い。コーナ−もきついからマクリづらいしな!

それに大阪杯は有力馬が休み明けの場合も多く、そやからしばしば大阪杯は絶対的な人気を集めた差し馬があっさり「後方尽」で終わる年がある。

馬券だけで飯が食えるほど勝ち続けたいならうまめし.com 競馬必勝法を読む事やな!

最後まで読んでくれてありがとう!面白かったら是非ツイッターフォローもよろしくな!おおきに!サンキュー!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする