ゆうぞうが心から信頼して尊敬している馬券師→うまめし.com 競馬必勝法

ダート競馬 馬格 馬の体格体重について

こんにちは、馬券生活者ゆうぞうです。

今日は馬の体格について話そうと思う。地方競馬などのダート競馬(路面が砂のコース)の場合、スピードだけでなくパワーも求められる。土や芝の路面と違って強く蹴れば蹴るほど砂に脚をとられてスタミナを消耗するわけよ。

なので大抵はダートで活躍する馬と言うのは体格がええ。馬の体格の事を馬格て言うねんけど、この馬格の良さは結構馬券でも重要なんや。

速さ比べでもありつつ、実は力比べでもあると言う事やねん。

ネット動画やモニターで見てるとわかりづらいかも知れへんが、馬格も馬によって大小さまざまで、飛び抜けて大きい馬と飛び抜けて小さい馬が並ぶとその違いは歴然や。

大体地方競馬の下の下の下くらいのクラスでくすぶってる馬は300キロ台とかの馬格に恵まれていない馬が割合多いねん。軽かったらその分速そうに思うやん?けどやっぱり体重が少ないちゅう事はアスリートして必要な筋肉も少ないんやろな。

まぁ、馬体がでかけりゃでかいほどええかと言うとそういう訳でも無いねんけど、1つの目安としては重要なポイントやと思うで。

例えば今日の名古屋競馬10レースの1番人気エーシンバサラ。400キロ台が平均的なサラレッドの体重やが、なんと馬体重560キロとかなりの重さや。

そのエーシンバサラの単勝に金を突っ込んだ時が、単勝1.3倍なのでわしが常日頃言っている「単勝1.3倍以下を買ってはいけないの法則」に反しているが、最終的にはオッズがもう少し上がると読んだわけよ。

すると締切り後の確定オッズは1.4倍。ふふふ、完璧な読みや。(←あまり威張るほどの事ではない)

スタートはそれほど良い事もなく、悪い事もなく、終始外々を通っての競馬となった。ほんの数分前に園田競馬の菊水賞で2番人気のエナエビスが外々を通って挙句に逸走して故障競走中止したのを見たばかりなので少々不安を感じる。

そう言えばエナエビスも500キロ台の出走メンバー最重量やったな…ごくり。

が、しかし!エーシンバサラはそんな心配をものともせず、3コーナー4コーナー大まくりを決めて直線グイッと伸びて1着圧勝!他の馬より60キロ以上でかいのはやはり伊達では無かったようや。

こんな感じで馬券に活用してみてくれ。

今日も大幅プラスで閉店!毎度ありー!!!

最後まで読んでくれてありがとう!面白かったら是非ツイッターフォローもよろしくな!ぜひSNS、あなたのブログなんかで皆に紹介してやってください。そうすると単純なゆうぞうは嬉しくてテンション上がって更新頻度がアップします!とにかくおおきに!サンキュー!

馬券上手くなって勝ちたいけど、どうやってレベルアップしたらええかわからん人には、うまめし.comの競馬教科書をオススメするで!わしも読んだから今勝ててるからね。アフィリエイトとかじゃないで!小銭欲しさにテキトーなモノを紹介したりはせえへん。友達に美味いラーメン屋を教える時にはホンマに美味い店を教えるのと同じで、ブログの読者を大切に思ってるからこそ真剣に競馬教科書オススメしてんねん!

ゆうぞうnote