ゆうぞうが心から信頼して尊敬している馬券師→うまめし.com 競馬必勝法

競馬はメンタル強い人が勝つよ【心のコントロール法】

まいど!馬券生活者ゆうぞうです!

競馬はメンタルの強い人が勝つよ!競馬で勝ってる人や、馬券の上手い人は間違いなく自分の心、メンタルのコントロールが上手いんや。

負けてる時に崩れるタイプも、勝ってる時に調子に乗って大きく出てやられる奴も、真逆に見えるけど本質的には同じ。

ほとんどの奴は自分の意思で馬券を買っているんじゃなくて、何かに突き動かされて馬券を買わされとるよな。自分の行動は自分でコントロールせんと勝てない。

ただ単に「予想が上手い」だけでは勝てない

たとえ予想が上手い人でも運悪く連敗する事はある。そういう時にメンタルの強い人は淡々と自分のスタイルを崩さずに貫ける。

一方でメンタルが弱い人は「あれ?当たらない…どうしよう…」と不安になって自分の予想スタイルや馬券スタイルをコロコロ変えてしまったりする。

もちろん、自分の予想スタイルや馬券スタイルが敗因だとすれば、それを変えていくのは良い事やねんけど、どんな優れた予想法にも一時の不調期はある。

そんな時に動揺する事無く、自信を保ち続けられるか?という話。

人間はもっと儲けたいという欲、それから負けた金を取られっぱなしになりたくないという恐怖、この欲と恐怖によって大きく心が揺さぶられる。

わしのような馬券生活者は、この「欲と恐怖」「馬券」を完全に頭の中で切り離す。

だから連敗しても連勝しても平常心でいられる。

わしの知り合いで、自分の予想は基本的に的中率を考えたら2連敗しない、だから2レース連続で外れたら、自分か競馬のどっちかがいつもと違う。だからすぐ帰る…という人がおる。

普通の奴やったら「まぁまぁ、まだ2レースしかやってへん、せっかく競馬場来たばっかりやし、あとちょっと…」となる事が多いやろ?

ホンマに強いバクチ打ちは引き際が見事やねんな。

熱くなる理由

昔から言われているけど「バクチは熱くなったら負け」これはホンマ。

なんでアツくなると負けるかと言うと、焦ってるから冷静さを失って普段せんような見落としや判断ミスをしてしまう。

わしにも経験あるけど、負けて熱くなってしまった時の勝負レースを後日改めて馬柱見てみると、あれ?なんであの時この馬を買ったんやろ…って思うねん。

普段ならワイドを買う人が配当欲しさに慣れない三連単買ってみたりな、本命党のくせに高配当の馬券買ってみたりしてしまうわけや。

ほんで、そもそもなんで熱くなるかと言うと、自分の想定とは違う結果になるから、思い通りに行かへんから怒りがわくわけや。

さらに言えば、自分の思ってる通りに乗ってくれれば勝ち目あったのに、騎手が変な乗り方するからその勝ち筋を潰されて怒りがわくわけや。

やから馬券はレース観戦のオマケ程度に思ってる人はあんまり外れても熱くならへん。

熱くならないための対策

自分の想定通りの騎乗をしてくれれば、おそらく馬券圏内は堅い。やが所詮この騎手の力量ではどうせショボイ位置取りなるんちゃうか?ぐらいに思っとく。

能力ではええもん持ってる馬やけど、どうせスタート直後にヒザカックンするんちゃうか?とか、そういう起こりうるであろうリスクを幅広く頭の中で描いておく。

まずはあらゆる場面を想定して、負けた時も「はいはい、想定内、ある意味予想が当たったな。フッ」ぐらいの余裕を持つ事、ほんで想定しきられへんかった事や不利を受けるなど理不尽な理由で負けた時はサッと別の事に意識を向ける事や。

やっぱ熱くなるって言う状態は要するにストレスがかかってる状態やと思うから、なんかガス抜きをしたり、別の事に意識を向けてやる方がええと思うわ。

本格的に腹立てる前に寝てしまうのも効果的や。

美味いもん食うたり、本読んだり、レースとレースの間隔を出来るだけあけた方がええな。

JRAやと大体負けたレースのゴール数分後には他場の締め切りがあるやん。例えば東京のレースが終わったらすぐに新潟のレースっていう感じでな。

アツくなると慌てて取り返したくて、目先のレースにパッと手ぇ出したくなんねん。

けどまずは自分の心を落ち着かせる事が先決なんや。

心のコントロール法

心のコントロールって技術的な話じゃないねん。要は慣れやねん。暴飲暴食で太ってしまった人がダイエットのために健康的な食事を始めるとする。

最初は物足りない。この物足りなさに耐えられないからダイエットが続かない。

やがその健康的な食事に少しずつ慣れていって、完全に慣れれば健康的な食事でもちゃんと満足を得られるわけや。

馬券も同じで、想定外に負けが続いてしまったりすると焦る。焦って早く取り戻したいという気持ちに駆られるわけやが、ゆっくり立て直す事に慣れる事が重要。

最初はできへんくて当たり前や。一刻も早く当てたい!と思ってしまうからな、けど最初にも言うたように「欲と恐怖」「馬券」を完全に頭の中で切り離す。

チャンスを伺って手を出していない間は損失は拡大しないからな。

自分に言い聞かせろ、この状況に慣れろってな!今自分が感じている「痛み」だと思っているものの正体は本当は痛みじゃなくて「恐怖」や、恐怖なんて実体のない幻想やで!

逆に勝ってるとついつい調子に乗って気持ちが大きくなって、気がついたら勝ち分を吐き出してるんですよって人もいるやろうけど、それも本質は同じ、欲にコントロールされないよう慣らしていくしか無いねん。

そもそも競馬の勝ち方って、行ける時に行けるだけ行く!じゃないねん。淡々と勝てる勝負を積み上げて行った結果、気がついたら手元の金が増えてるって事やねん。

「お金のために自分が働くのではなく、自分のためにお金を働かせる」それが馬券生活者。わしと同じ方法で馬券生活者を目指したいなら、詳細はこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. ばんばん より:

    はじめまして。いつも楽しく拝見させていただいています。
    いや〜、ゆうぞうさんもある意味「普通の人」で安心しました(笑)
    常に冷静沈着というわけではないんですね!
    僕は「複勝」を買う事が多いので、「脚を余しての4着」とかに遭遇すると、
    自分の中の何かが、音を立てて崩れて行きます。
    ゆうぞうさんは、どんな瞬間に一番「キレる」のですか?

    • 馬券生活者ゆうぞう より:

      ばんばんさん、こんにちは!
      >「脚を余しての4着」
      ホンマ、これは次のパドックはジョッキー出てきたら説教ですよ。

      >ゆうぞうさんは、どんな瞬間に一番「キレる」のですか?

      ヤラズとか、出遅れとか、強い馬乗ってるけど油断して負けてるとか、
      そういうのはやっぱムカーッ!!!!となっちゃいますよねー(笑)

  2. さこた より:

    かなり勉強になりました!馬券において一番大事なのは自分のメンタルだと思ってます。ゆうぞうさんの言葉を頭におきながら、競馬に取り組みます。これからも、勉強させてもらいますのでよろしくお願いします!!