ゆうぞうが心から信頼して尊敬している馬券師→うまめし.com 競馬必勝法

浦和競馬で勝つ方法

こんにちは、馬券生活者ゆうぞうです。

今日は浦和競馬で勝つ方法について話しましょか。浦和競馬と言うのは南関東4競馬の中の1つではあるものの、他の大井・川崎・船橋と比べると競馬場の大きさや馬質・所属騎手の成績、それから行われるレースの格を見てみると、やや格下感の漂う競馬場や。

そやけど小さい競馬場やからホンマはまともに距離が取れてるのは1400mぐらいのもんやねんけど、1500mや1600mを結構無理やりに近い感じで距離設定しとるわけや。そやから各距離ごとに攻略法が色々とあんねん。(参考:浦和競馬場1400m詳しいコース特徴

無理せんと園田や笠松・名古屋・高知みたいに千四ばっかりやってりゃええねんけど、南関東のお客さんは舌が肥えとるさかい、そうも行かんのやろな。

競馬場1つ見ても南関東の競馬場はどこも綺麗で清潔感あるで、それと比べて西日本の地方競馬場なんてどこもボロボロやがな、そやから関東の人間が旅打ちで西日本の古いスタンド見て「レトロな感じで懐かしい感じで、昭和な感じで良いよねー、だよねー」とか言うてるとホンマ腹立つねん。

そらお前らたまにしか見んからそう思うねん!誰だってボロボロよりピカピカがええわい。お前らは普段が平成でたまに昭和やからオモロイかも知れへんけど、こちとらずっと昭和で足踏みしとんねん!何がええねんこんなもん!お前のiphone、糸電話にしたろかこっらぁぁぁ!!!

…と、そういう話は兵庫県競馬組合に抗議するとして、本題は浦和競馬の勝ち方やったな。

浦和競馬は南関東の競馬場の中では最も直線の距離が短い。そやからすんなり逃げた馬はやっぱりしっかり残しよる。差し・追い込みが決まる頻度は決して高いとは言われへん。

大井競馬なんか見てると残り200mぐらいまでは「あ、先行馬バテ気味やな、けどこのまま押し切るんかな?」と思いきや残り100mぐらいから後続が一気に押し寄せるやろ。そやけど浦和の場合やと直線半ばで先頭キープしてたら、後続はやっとその頃にコーナーを曲がり終えてさて加速や…と言う段階やからな、どうしても最後の最後でのどんでん返しは起きにくい。

そんなわけでちゃんと逃げられる馬を見極めて買うちゅうのが浦和競馬の予想では重要になってくるわけやね。

例えば今日の浦和7レース緑門賞なんかやと、セレクトミホかテッペントッタルあたりが逃げるんかなーと言うのは大体想像がつきやすいメンバー構成やろ、ほんでテッペントッタルは前走の時計が非常に優秀やから、そっちを買いたくなるねんけどよ、その時計を出した張本人である滝川がセレクトミホに乗ってるやんか。

そやから前走から言うと斤量が3キロ重たくなってんねん。それにセレクトミホの方が内枠やから、テッペントッタルが逃げようと思ったら相当スタートとダッシュを決めなあかん。

横川は初めて乗る馬でその芸当をやってのけるかと言うと、少々不安もあるやろ。

一方のセレクトミホは無理に逃げなあかん脚質でも無いし、前走よりも斤量が3キロ軽くなってるし、滝川は無茶苦茶信頼できる騎手かと言えばそうでは無いが、リーディング上位のおらへんこの騎手選定レースなら、馬がええ分ミスをせんかったら大丈夫や…となるわけやね。

ほんでレースを走ってみたら、セレクトミホも抜群のスタートでは無かったが、テッペントッタルはもっとスタートが鈍かって、結局それほど苦労せずハナが奪えたのが良かった。

わしはセレクトミホの複勝に福沢諭吉軍団を送り込んでおいたので、向正面に入るころには勝利を確信して、もうレースを見る必要は無かった。やから残りのレースは片目だけで見た。

結局1馬身以上のリードをキープしたままセレクトミホの勝利。福沢諭吉軍団が野口英世軍団を連れて戻って来よった。ご苦労であった。これでわしはしばらく飯には困らない。

では最後に今日のおさらいをしとこか。

  • 浦和競馬は他の南関東の競馬場と比べて逃げ馬が残りやすい
  • 同じ先行馬なら外枠よりは内枠がよろしい
  • 差し・追い込みが決まる条件はかなり限られている
  • 前走が大井のハイペースで最後方追い込みが決まったような馬は疑え

わしはこの後8レースのトーセンゴージャスの複勝にも諭吉軍団を送り込んで、今度は諭吉1人あたり3人の野口英世を連れて返って来よった。ホンマにわしの諭吉軍団は働き者やで。わしは全然働いてへんのに、おおきに、おおきに、ありがとう。

今日も大幅プラスで閉店!!!

馬券だけで飯が食えるほど勝ち続けたいならうまめし.com 競馬必勝法を読む事やな!

最後まで読んでくれてありがとう!面白かったら是非ツイッターフォローもよろしくな!おおきに!サンキュー!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. ゴーシュ より:

    ゆうぞうさん、お久しぶりです
    『浦和競馬で勝つ方法』を読ませていただき、
    早速、大成功をおさめました
    8R 2番トキノローズ 見越
    パドックでの気配も良く、得意の1500m
    勝負は今日だろ と意を決し
    ゆうぞうさんの『勝つ方法』を読んだこともあり
    英世10枚を単複に投入

    わがトキノローズ、好スタートからハナを奪い先頭で直線へ
    森の8枠の馬がいい手応えで馬体を併せてきた
    追うものの強味、腕達者と減量騎手
    「あぁ、2着かぁ」と諦めていたら
    驚異の粘りで差し返してきた
    何とクビ差振り切って1着でゴール!
    配当は、9番人気 単勝2200円 複勝570円
    英世10枚が、諭吉10枚になって戻ってきました
    それにしてもトキノローズ人気なさ過ぎ
    皆、ゆうぞうさんのブログ読んでないのかな(笑)

    • 馬券生活者ゆうぞう より:

      ゴーシュさん、こんにちは。
      むほほ、やりましたねー!複勝で570円でも
      結構な配当ですが、単勝2200円まで的中するとは
      素晴らしいですね!

      C1クラスでも結構良い勝負してましたからね、
      さすがにC2の五六七あたりだと能力を発揮しやすかったんでしょうね。

      私が園田に夢中で小銭を拾っている最中に、
      ゴーシュさんが浦和の大銭を全部持って行ったわけですか。
      あー羨ましい(笑)

      • ゴーシュ より:

        ゆうぞうさん、
        ありがとうございます
        今日も2匹目のドジョウがおりました
        4R 9番 サッポロローズ 須藤
        過去に1度逃げて強い勝ち方をした馬
        近走ハナを切れていないが
        前走復活の兆しアリ
        パドックでも絶好の出来
        今日は逃げられると読んで
        昨日同様、単複に英世を投入
        人気馬を尻目にスイスイと逃げ
        余裕のゴールイン
        単勝3210円 複勝370円
        私のところにも諭吉軍団が…(笑)

        そう言えば、昨日はトキノローズ、今日はサッポロローズ 薔薇が幸運を呼ぶのか!

        • 馬券生活者ゆうぞう より:

          なんとなんと!おめでとうございます!
          人気どころは後ろから行く馬ばっかりですし、
          先行馬はロクな馬がいませんし、今日は完全に
          展開はサッポロローズに向きましたね!

          二匹目のドジョウならず二輪目のバラでしたか(笑)

  2. テンダラー より:

    的中の参考になれば