ゆうぞうが心から信頼して尊敬している馬券師→うまめし.com 競馬必勝法

競馬複勝の狙い方【中穴】

まいど!馬券生活者ゆうぞうです!

今回は複勝で中穴狙いする方法について話そうと思う。普段複勝をよく買う人で、1倍台ならそこそこ当たるけど、3倍4倍の複勝は当たらないなぁ…と思っている人は多いやろう。

複勝で中穴を効率良く当てるにはコツが2つある。

  • 人気割れの拮抗レースを選ぶ
  • 展開の向く馬を選ぶ

この2つのコツと、あと1つ「ワイドと複勝の比較」も重要やから、その3つについて話すで。

人気割れの拮抗レースを選ぶ

中穴の複勝は1番人気が人気あればあるほど、その1番人気が馬券に絡めなかった時には配当が高くなるけど、そのかわり単勝オッズ1倍台みたいな1番人気は8割9割ぐらいの確率で3着以内には入ってくる。

そういう強烈な1番人気が3着以内に来ると、中穴複勝はそれほど旨味が無いわな。

それに3着以内の内の1を8割9割の確率で1番人気馬に来られるってなると、残り2頭しか複勝馬券の対象にはならんわけや。

やから「このレースはどの馬が3着以内に来ても不思議無いな」っていうレースの方が複勝中穴狙いにとっては都合がええ。

展開の向く馬を買う

拮抗レースを選んだら次は馬選びやけど、これはちょっとした成績の良さよりも、展開が向く脚質の馬から選んだ方が正解やな。

なんでかって言うと、実力自体は五分五分のレースを選んでるから、強い馬が展開関係なく力でねじふせるという結果にはならんからやねん。

初心者には展開予想って難しいと思うけど、展開予想の考え方を読めば結構簡単にスッと頭に入ると思うで!

さっき人気割れの拮抗レースを選ぶんやでって言ったけど、あくまでオッズではなくて出走各馬の実力が拮抗してるかどうかが重要なんや、拮抗レースやけどある程度人気に偏りが出てしまったレースでの例があるから紹介しとくわな!

具体例

2014年8月16日 盛岡5R

どの馬も結構似たりよったりの実績のわりには人気馬に票が偏ってる印象で、わしの買うたチャームスマイルの複勝オッズは3.1倍-5.0倍と複勝にしてはまぁまぁ好配当と呼べる、9頭立ての単勝7番人気(複勝8番人気)の馬やってん。

チャームスマイルの前走の時計(走破タイム)が1200mで1分14秒0やってんけど、他の馬で少なくとも近走1200mを1分13秒台で走った馬は皆無。しかも、騎手が昨年16勝の千田から、昨年70勝の先輩高橋悠里に乗り替わりやがな。

しかも、他の馬は人気馬でもC2の四組から八組ぐらいを走ってた馬が多いのに、チャームスマイルは前走C2の三組で3着でっせ?なんでこの馬が1番人気か2番人気ぐらいにならんのかホンマに真剣に悩んだで。

レース内容

展開

4 (8 9) 7 1 3 6 5

レースは9番人気のイケハートジョイが逃げて、その2番手に我がチャームスマイルが付けて、最後は抜け出してスパートをかけるも、単勝2番人気(複勝1番人気)のヤマニンアンビーにだけ差されて2着。

結局3着に3番人気で、人気馬との入線やったから複勝配当は350円までしかハネへんかったけど、それでも余裕の的中やったし配当的には大満足やったで。

やっぱり競馬ちゅうもんは、ちゃんと常日頃勉強しとる者が強いねん。

ワイドと複勝を比較する

ここからの話は上記の2つとはちょっと別で、人気割れの拮抗レースではなく、比較的3着以内は堅そうな1番人気がおる時の話やねんけど、重要やから聞いといて!

さっきも言うたけど、堅い1番人気の馬ってかなり高い確率で3着以内に来て、さらに3着以内に来たら中穴複勝の配当はアップしないという仕組みになっとる。

やから、それを逆手にとって「どうせ3着以内に1番人気来るんやったら、自分の中穴馬とのワイドを買えばええやん」っていう発想。

詳しくはワイド馬券術を編み出した!で実例をあげてるから読んでみてな!

ご存知の通りJRAプラス10があるので、複勝1.0倍以下の馬はJRAが損しない範囲で無理やり1.1倍のオッズをつけてくれるんやが、その分一緒に入着した他の馬の複勝オッズは低く抑えられてしまうわけや。

その代わり、その人気集中した馬が馬券圏外に飛んだ場合は穴馬の複勝配当は文字通りハネ上がる訳やから、メリット・デメリット両面あんねんけどな。

1番人気がかなり人気集中してて、これは3着以内には来るで…と言う場合には、素直にワイドとかに走った方が幸せになれる場合もあるって事を覚えておいて欲しいねん。

「お金のために自分が働くのではなく、自分のためにお金を働かせる」それが馬券生活者。わしと同じ方法で馬券生活者を目指したいなら、詳細はこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする