ゆうぞうが心から信頼して尊敬している馬券師→うまめし.com 競馬必勝法

全日本2歳優駿で馬券勝負ぶちかました結果

まいど!馬券生活者ゆうぞうです!

GOTOイートで無限くら寿司を企んでたものの、感染拡大してるからキャンセルして自宅に引きこもってたんやけど、政治家のみなさんは大勢でステーキ食べてんねんて!

まあ別に法律違反ってわけじゃないし、好きにしたらええねんけど、年寄りの方が重症化しやすいねんから、もう大人しくしときいな!

全日本2歳優駿

さて、川崎競馬場では全日本2歳優駿が行われた。

馬番 馬名 オッズ
1 トランセンデンス 19.9
2 デュアリスト 1.9
3 アークエンジェル 656.4
4 タイセイアゲイン 7.9
5 ラストリージョ 82.4
6 ルーチェドーロ 36.9
7 ギガキング 85.4
8 ラッキードリーム 12.6
9 アイバンホー 367.0
10 ランリョウオー 16.7
11 アランバローズ 5.6
12 リーチ 57.1
13 バクシン 6.1
14 ナインボール 999.9

例年やったら大体JRAの馬買うてたら間違い無いねんけど、去年なんかは地方馬が1着3着に来てんねん。しかもあんまり人気なくてやで?

ほんで今年は地方馬の11アランバローズが2番人気やねん。

おや?って思うよな!

つまりデュアリスト以外のJRA馬は地方馬に人気で負けてるわけや。まあいつぞやのミューチャリーの年みたいに地方馬が人気して飛ぶ事もあるけどな!

やが確かに3番人気以下のJRA馬が魅力に乏しいのは否めん。地方馬が地元ファンに過剰に期待されてしまった人気とはちょっと違う気がするやろ?

という事でわしは11アランバローズの複勝に中盛りくらいの金を投入した!

ターン!

レーススタート

各馬ゲートにおさまって…一斉にスタート!やや中枠勢が凹み具合の出となるが、まあ五分五分のスタートを切って、11アランバローズがスーッと先頭を伺う。

この瞬間確信した。

あ、勝ったな。

もう手応えが違う。まあ他の馬が変に絡んで来なければ…と思っていたら!インから1番人気のデュアリストも応戦しそうな素振り!

…が、引く。

あれ?デュアリストの手応え微妙じゃね?そんな事を考えている間に外からスッと10ランリョウオーデュアリストに馬体を併せて蓋をする。

あー、デュアリスト包囲されたな…。

最初のコーナーを以下の隊列で過ぎて行く!

11 10 6 2 5 13 4 1 12 8 9 3 7 14

馬群は縦長になっているものの、先頭の11アランバローズは楽な手応えで、2番手の10ランリョウオーも全然楽な追走のまま向正面へ。

じわりじわりと先頭の11アランバローズが2番手以降との差を広げながらの3コーナー。やがそのおかげでデュアリストの包囲網も崩れたが!さあどうや!

直線に入っても楽な手応えで加速をし続ける11アランバローズ!一方1番人気のデュアリストは少々手応えが怪しくなって来たぞ!

けーっきょく直線で後続は何も詰めて来る事ができず…

圧勝!

これ、1番人気が4着以下に負けたし、2着に来たのも地方馬やし、複勝の配当が跳ね上がるで!210円か!よっしゃ!よっしゃ!

地方馬が1着賞金4200万円のレース勝つんやから夢があるな〜!JRAのG3武蔵野ステークスでも1着3800万円やからね!これはデカイで!

いや〜おもろいおもろい!ええレースやったわ!わしの一番好きな強い馬が強い勝ち方をする最高のレースやったな!

普通はこういう横綱相撲って1番人気の馬がするけど、2番人気の馬がやってみせた所に面白みと馬券生活の肝があるって事なんや。

さて、金もしっかり増えたし、オトンとオカンに肉でも買うたろかな!

「お金のために自分が働くのではなく、自分のためにお金を働かせる」それが馬券生活者。わしと同じ方法で馬券生活者を目指したいなら、詳細はこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする