トップナイフの弥生賞ディープ記念について語る

まいど!馬券生活者ゆうぞうです!

先日の弥生賞ディープインパクト記念、わしの本命はトップナイフ!京都2歳ステークスでは不利を受け、ホープフルステークスでは逃げ切れず…

馬番 馬名 オッズ
1 レヴォルタード 7.1
2 ワンダイレクト 4.2
3 アームブランシュ 91.2
4 トップナイフ 2.9
5 フォトンブルー 126.5
6 タスティエーラ 4.2
7 ゴッドファーザー 9.2
8 セッション 17.2
9 ヨリマル 52.0
10 グリューネグリーン 10.0

さすがに10頭立てで馬券圏外に消えるイメージはわかない。 勝ちきれない印象を与えてしまったか、単勝も複勝も1番人気ではあるが、それほど売れてないな!

ここはガツン!と行ったれ!

※使っちゃいけない金まで負けてしまった…そんな奴はここを見ろ!

レーススタート!

ゲートが開いてトップナイフ良いスタート!まずは先頭を伺う!そこに外からじわりと進出していくのがゴッドファーザー武豊!

横山典弘は静観して2番手3番手…

7 8 (4 6) (1 2) 9 (5 10) 3

特に隊列は動かないままバックストレッチを過ぎて3コーナーに入る手前!ここで動きを見せたのがタスティエーラ松山弘平!じわりと前との差を詰める!

トップナイフは馬群の中!

最後の直線走路!先に抜け出したのは…

タスティエーラ

しかしトップナイフも一杯になったゴッドファーザーと内ラチの狭い隙間をなんとか抜けて行く!これ、武やから内1頭分行かせてくれたけど、他の騎手やったらヤバかったど!

こっから突き抜けるかトップナイフ!?

が!しかし!

先に抜け出したタスティエーラとの差はなかなか詰まらない!

そして…

まあ手応え的には着差以上のものを感じたから、着差のわりにはゴール前怖くは無かったな、トップナイフの調教師はレース後のインタビューで「力負けではない」って言ってたみたいやけど、まあ確かに格付けされたと言うほどの負けではないが…

とは言え、ホンマに強い馬ってあれでも勝ったりするからな!めちゃくちゃ強いって感じには見えへんかったけど、トップナイフの賢さと能力の高さはよくわかったレースやった。

ま!何にせよ配当は120円で2万のプラスか!123番人気で決まったんではしょうがない。外れるよりはマシやからな!

追伸

「お金のために自分が働くのではなく、自分のためにお金を働かせる」それが馬券生活者。わしと同じ方法で馬券生活者を目指したいなら、詳細はこちら