ゆうぞうが心から信頼して尊敬している馬券師→うまめし.com 競馬必勝法

競馬ころがし必勝法 単勝 複勝 ワイド3コロ10万円

まいど!馬券生活者ゆうぞうです!

今回は競馬ころがし必勝法について話します!ころがしとは馬券を連続して的中させて雪だるま式に資金を増やす方法で『転がし』・『コロガシ』と書く人も多いし、『逆マーチンゲール法』と呼ぶ事もあるけど、全部同じ意味。

ころがしとは何か?


そもそもころがしとは何か?を知らない人のために簡単に説明するで!すでにころがしが何か知ってるよと言う人は読み飛ばしてもらってOK。

ころがしとは、最初のレースに賭けて当たった分のお金を、そっくりそのまま次のレースに賭けて、雪だるま式(複利的)にお金を増やして行こうとする馬券術の事。

つまり、お金を増やしている途中で馬券が外れた場合、一気に獲得した全額を失ってしまうので、通常は的中率の高い単勝・複勝・ワイドあたりの馬券が使用される事が多い。

画像で説明すると以下のような感じ。

最初は1万円からスタートしたとすると…

的中して、10000円→15000円になる。

また的中して、15000円→18000円になる。

このように賭けていくと、10000円からスタートした資金が、3レース目的中して39600円まで膨らんだやろ。これが『ころがし』やねん。

例えば2.2倍の馬券を3回連続で的中させると、1万円が10万円になるし、3.3倍の馬券を2回連続で当てたら1万円は10万円になる。

1日1レース、2.2倍を当てれば、3日で1万円が10万円になる。それがころがしの威力。6.6倍ワイドの3点買いでも良いし、4.4倍の単勝2点買いでも同じ結果になる。

6.6倍の3点買いが、なぜ2.2倍の1点買いと同じ意味になるのかが分からない人は、次のリンク先の合成オッズとは?の項目を読んでみてな!

複勝にこだわる必要なし

よし!複勝ころがしをやってみるぞ!と思った人が陥りがちなのは、他の馬券種の方が向いているレースでも、視野が狭くなってしまって複勝を買ってしまうミス。

例えば複勝1.0-1.1みたいな堅いとは思うけどオッズが厳しいなぁ…という時は、思い切って単勝やワイドで利益を大きく伸ばすチャレンジ精神も忘れないで欲しい。

実は的中率より回収率が重要

ころがしって馬券が外れると終了っていうイメージから、どうしても的中率の方が重視されがちやけど実はそうでは無い。

簡単に言うと長い目で見た時に、同じ的中率なら的中時のオッズが高くないと、ころがし失敗時の損失が回収できないって事。

的中率が高くても低くても、何度もチャレンジしてれば複勝ころがしはいずれ成功する。

たとえば5回ころがしなら的中率75%の人なら5回に1回成功するし、的中率50%の人でも33回に1回は成功する。

低いオッズしか当てれないと、5回に1回成功しても失敗4回分の損失を回収できないし、逆に高いオッズばかりで転がせば、33回に1回しかころがしが成功しなくても失敗33回分の損失を回収してさらに利益も得られるって事。

結局モノをいうのは「回収率の高い予想ができるかどうか」なんやわ。

一発目は本命より穴馬を狙え!

ころがしは馬券が的中し続ければ、掛け算で資金が増えて行く。掛け算は掛ける順番が違っても結果は同じ(2×4も4×2も答えは8)やから、順番は関係ないように思う。

けど実際には1.1倍を何度も何度も転がし成功させて膨らんだ金を、そこそこオッズの高い馬に賭けるのはメンタル的にかなりきついやろ。

だから、最初の一発目にできるだけ好配当を当てておいた方が心理的には楽なんや。

まあでも堅い馬でも狙い方次第でけっこう転がるで!

複勝ころがし何円スタートが理想的なのか

しかし、普通に考えてスタートが100円の場合は複勝で仮に1.5倍の馬券を当てたとしても、200円に満たないため次のレースにも100円で挑まないあかんから、ころがしの最大の魅力である「ゆきだるま効果」つまり複利の効果が得られへん。

1000円であれば、1.5倍を当てれば次戦に1500円を賭ける事が出来るから100円でスタートするよりはころがしの意味が深まったと言える。

けど頑張って頑張って転がして元本の3倍になったところで3000円にしかなりません。利益で言うと2000円の儲けやもんな。

ほんならなら、1万円を用意して、よく吟味して厳選してチョイスした1.2倍に賭ければ、たったの1回でその利益を実現出来やん?

そう考えると1000円のころがしも苦労の割には報われないような気がするな!

いくらの利益を目指すのか、また自分の用意できる限界はいくらなのか、とかそういう色んな事情があるとけど、ころがしならば出来れば1万円以上の金額でスタートした方が、程良い緊張感を保ち、ころがしが成功した時の実益と達成感を味わえると思う。

重要なのは止め時の判定基準

ころがしは何回か転がった時に「続けるべきか、止めるべきか」で結構悩むんやな。

100万円到達までノンストップ!とか、5回当たったら止めようとか、色々自分自身で基準を作るやろうけど、自分の予想的中率に応じた身の丈に合った目標設定が重要やな。

あえて高みを目指すなら全転がしにせず分割ころがしという手もある。

分割ころがしとは?

ころがしにも色々と種類があって、

  • 普通に全額転がしていくタイプ
  • 資金を何分割かに分けてミスを許容できるようにするタイプ
  • 利益をいくらかずつ抜きながら転がしを続行するタイプ

全額転がして行くのが、一般的に『コロガシ』と呼ばれる方法。

アレンジ版として『金丸法』とか『分割コロガシ』などがある。

ある程度資金が増えたら元本を抜いたり、少しずつ利益を保全しておく方法もあって、これは『ストック型』なんて呼ばれたりもする。

詳しい解説

「お金のために自分が働くのではなく、自分のためにお金を働かせる」それが馬券生活者。わしと同じ方法で馬券生活者を目指したいなら、詳細はこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする