ゆうぞうが心から信頼して尊敬している馬券師→うまめし.com 競馬必勝法

メビウスの方程式 サルでもわかる解説。

こんばんは、馬券生活者ゆうぞうです。

今日はメビウスの方程式について話そうと思います。いえいえ、何も難しい事はおまへんで、猿でもわかるように解説するから安心しとくんなはれ。

競馬におけるメビウスの方程式ちゅうのはな、例えば馬券でオッズが3倍と6倍の2点買いをする時に、3倍の方に6000円、6倍の方に3000円て言う買い方をしたら、どっちが来ても払戻金が一緒になるやろ、これをメビウス法て言うねん。メビウスって言う言葉は知らんくても常日頃からやってる人も多いわな。

ほんで、そのメビウス法にふさわしい賭け金を計算するための計算式がメビウスの方程式ちゅう事やね。

そもそもメビウスってなんでんねん?と言うと、昔メビウスちゅう名前のえらい学者のおっさんがおったそうやねん。

ほんで、その人がメビウスの帯・メビウスの輪ちゅうてな、例えば紙テープとかを30cmぐらいに切るやんか、ほんで端と端をくっつけると輪になるわな、その時に紙テープを半回転加えてくっつけるわけや、するとねじられた輪っかになるやろ。

その輪っかの表側を指でなぞってぐるっと輪を一周させると、なんと表側を通っていたのにいつの間にやら裏側になってる!!!ちゅうやつやねん。

考えたら半回転加えてるから、そら裏側に来んねんけど、なんか不思議な輪っかやねんな。ちなみにこのメビウスの帯は帯の中心をハサミで切っていくと、一周切れ終わると輪っかが二つできるやん、それがチェーンみたいにつながってんねん。不思議やなー。

この半回転加えるのと、「倍率の低い方に多く賭け、倍率の高い方に少なく賭ける」様がまるでメビウスの帯の半回転ひねりのように見える事から、こういう賭け方をメビウス法、賭け金の計算式をメビウスの方程式って呼ぶようになったんや。

昨日まではな。今日からは「ゆうぞう式」でええんちゃうかな。なんつって!

ほんで難しい計算式書いてもどうせ皆マウスの真ん中のクリクリを高速回転させて読めへんやろうから、もう難しい事は書かんとくで。

こんなんな、きっちり計算しようと思わんでええねん、だってどうせ皆の馬券なんか外ればっかりやねんから、なんぼ考えても一緒やがな。

2点買いの時は大体オッズ見て、何対何かを見たらええねん。

さっきの3倍と6倍やったら1:2の割合やん。ほんなら2:1の割合で賭け金決めたらええねん。予算が3000円やったら2000円と1000円や。え?2500円やったらどうするかって?そんなん社会人やったらもう500円足せ!予算が7000円やったら1000円引っ込めたらサルでも計算出来るやろ!

これが2倍と15倍やったらどうや、もう大体でええねん。15:2(7.5:1)の割合にしたらええねんけど、1500円と200円にしとったらええねん。それやったら儲けが足らんなぁ思たら3000円と400円にしたらええねん。

あ、ちょっと待って!そうこう言うてる間に園田の6レース締切りなりそうやから!このレース川原のラルプデュエズが1番人気やけど、こいつはテンの脚ないから(先行力が無いと言う意味)田中のエーシンネクストの方が多分強いで、そやけどお互いの仕掛けのタイミング次第ではどっちか潰れる可能性もあるな。

ここは珍しくワイドで行こうと思う。ははっ(笑)見てみぃ、どうせポイント狙いのアホんだらの仕業やろうけど、馬連4-7が1.3倍で、ワイド4-7が1.3やて。アホやなー。わしはワイド買うで。

が!しかし!

いざ締め切られてみると馬連4-7が1.6倍で、ワイド4-7が1.1倍!!!なんや糞!ほんで何が腹立つって4の複勝で1.1-1.7やんか!アホくさ!わざわざ2頭揃って来なあかん馬券買うて、1頭3着来たらOKの馬券と配当一緒か下手したら低くなるってなんやねん!

さ、まぁ馬券の仕込みは終わったから話の続きすんで。

この園田の6レースみたいなレースでな、2頭抜けた馬がおる時はみんな馬連を買うやんか、ほんで馬連と枠連はオッズをチェックしよるわけや。

でも馬単となるとパッと見では馬連とどっちがお得なんか判断つかん奴もぎょうさんおる。そこで役立つのがメビウスちゅうわけやねん。

馬単7-4 2.4倍
馬単4-7 3.2倍

こういう時はな、数字の低い方が1に近くなるまで割ったらええねん。2.4倍やから半分にしたら1.2やろ、まぁもうこれでええねん。ほんだら反対側の3.2倍も半分にすると1.6やんか、1.2:1.6やから、まぁ大体1:1.5ぐらいでええか…と。

なんぼ難しい計算式を覚えたって馬券締切り前は忙しい。現場でパッと使えるようでなければ意味があれへん。ほんで、1:1.5やから、オッズの高い方に1500円、オッズの低い方に1000円賭けたらええねん。

そしたら2500円使って3000円チョイ戻ってくんのか、ほんなら馬連の1.3倍とどっこいどっこいやなーてわかるやろ。(厳密に計算すると馬単を買った場合の合成オッズは1.37倍なので締切り前時点では馬単の方が得だが、締切り後に馬連が1.6倍になった事で馬連の方が得だと言う事になる)

まぁ2点買いは簡単やねんけど、点数が増えたらこれがまた難しい。

7
1 53.5
2 31.2
3 10.0
4 2.4

例えば馬単のこんな4点買いやったらどうする?

こう言う時は1万円÷オッズをやってみると言う方法もあるねん。大体でええからね。そしたら7-4は5000円、7-3は1000円、7-2は400円、7-1は200円てなるやん。小数点以下の数値とかもう半分無視やで、細かい事はええねん。

細かい事は賢い人がやったらええねんから。

合計6600円でどれが当たっても最低1万円は戻ってきよるから、利益は大体3400円ぐらいになるねんなとわかるわけや。それでは足らんと言う事であれば賭け金をさらに倍率ドンするとか、半分にしたりすればええねん。

この「1万円割り算の法則」(命名:ゆうぞう)を使った時に、馬券購入金額の合計が1万円を超えてしまう場合がある。これはオッズの低いのを買いすぎてて、どんだけ資金配分を頑張ってもどれが当たってもマイナスにしかならんと言う状態と言う事やから、出来るだけオッズの低い買い目を減らすしか方法は無い。

とか何とか言うてる間に園田の6レース発走や!田中はスタート後馬場の外に振って完全に相手は7番1頭やと狙いをつけた!もう他の9頭は眼中にないぞ!

ハナを切る4番に二番手の7番、よしよしそのままやで!

向こう正面に入ってじょじょにペースが上がり、2頭が後続を引き離しはじめる。木村の3番馬だけが何とか食らいつくが2頭を脅かすほどの手応えは無い!

川原の馬の方が先に手が忙しく動き始めた!田中の手はまだ持ったまま!直線4番が力強く突き放して4-7-3の行った行ったの決着!馬連でよかったし、もっと言えば4-7の馬単でも充分安心して見ていられた。

まぁそれでも損はしてへんねんから良しとせなあかんか。

今日もプラスで閉店!

最後まで読んでくれてありがとう!面白かったら是非ツイッターフォローもよろしくな!ぜひSNS、あなたのブログなんかで皆に紹介してやってください。そうすると単純なゆうぞうは嬉しくてテンション上がって更新頻度がアップします!とにかくおおきに!サンキュー!

馬券上手くなって勝ちたいけど、どうやってレベルアップしたらええかわからん人には、うまめし.comの競馬教科書をオススメするで!わしも読んだから今勝ててるからね。アフィリエイトとかじゃないで!小銭欲しさにテキトーなモノを紹介したりはせえへん。友達に美味いラーメン屋を教える時にはホンマに美味い店を教えるのと同じで、ブログの読者を大切に思ってるからこそ真剣に競馬教科書オススメしてんねん!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする