ゆうぞうが心から信頼して尊敬している馬券師→うまめし.com 競馬必勝法

門別競馬場で 1500m 1600m 内回りコースで新設

こんにちは、馬券生活者ゆうぞうです。

レースがつまらない事で有名なホッカイドウの門別競馬ですが、興味深いニュースが飛び込んで来ましたで。なんと、門別競馬場の内回りコースを使って1500mと1600mのレース距離を新設するそうなんや。

今までは1000mの次が1200mで、その次一気に1700m・1800mと距離が伸びるのが、敷地が大きい競馬場ゆえの悩みで、これが競走の面白みを欠く要因にもなっとった。

南関東の競馬場は4場で上手く短所を補い合ってるし、園田の場合は殆どのレースが1400mやけど、1230mと1700mでのレースが少しあって、距離の違いは300mほどやねん。

名古屋競馬・笠松競馬・金沢競馬・高知競馬なんかは1400mのレースが多いけど、その次は1600mやからプラス200mの距離延長や。

日本全国探しても、1200mから次が一気に1700mで500mも延長になる競馬場なんて門別だけ。

ちなみに今年度中に工事して、来シーズンから新設距離での競走が行われるようやで。

おそらくやけど、内回りコースと言っても船橋競馬場みたいに外回り用と内回り用の2つのトラック(JRAの競馬場の芝・ダートみたいに)を使い分けるんではなくて、大井競馬場や京都競馬場・阪神競馬場みたいに3コーナー4コーナーが2つあるタイプになるんちゃうかな。

向正面と最後の直線が100mづつ短くなる代わりに、現在の1700mスタート地点からの内回りが1500mになって、現在の1800mスタート地点からの内回りが1600mになるんやろう。

はっきり言うとくけど、姿勢は評価するものの馬と騎手が同じなら競馬の面白さ的にはぶっちゃけ距離設定が2つ増えたぐらいではなんら変化は無いのは言うまでもないで。

それでもこうやって新しい話題が出てくるんはええ事やね。

最後まで読んでくれてありがとう!面白かったら是非ツイッターフォローもよろしくな!おおきに!サンキュー!

ゆうぞうが心から信頼して尊敬している馬券師→うまめし.com 競馬必勝法

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする