ゆうぞうが心から信頼して尊敬している馬券師→うまめし.com 競馬必勝法

ミカエル・ミシェル騎手は上手いのか下手なのか?

まいど!馬券生活者ゆうぞうです!

地方競馬に短期免許で騎乗しに来てるミカエル・ミシェルやが、美しすぎると言われるだけあってレースだけじゃなくイベントなんかにも引っ張りダコ。

そんな大人気のミカエル・ミシェル騎手やが、肝心の騎乗の方では人気馬で負けまくって、かなりヘイトを買ってしまっている現状がある。

そこで馬券のプロであるわしが、ミカエル・ミシェルは上手いのか下手なのか、ずばりジャッジして行きたいと思う。

極めて普通

忖度なしにハッキリ言うと、地元フランスではリステッドすら勝てていないと言われている通り、ミカエル・ミシェルの腕前は極めて『普通』やと思う。

ペリエに端を発して、ルメール・デムーロは言うに及ばず、スミヨンとかモレイラとかマーフィーとか、彼らは本国でトップクラスの成績の騎手やったわけや。

やから外人=上手いというイメージが競馬ファンに刷り込まれた。

けど、ミカエル・ミシェルの場合はトップジョッキーやから日本に来たと言うわけでは無いからな、園田競馬の元・不動のトップ小牧太ですらあんな感じやしな!

LVRの結果を見ても…

先日行われたLVR(レディス・ヴィクトリー・ラウンド)の結果を見ても、ミカエル・ミシェルはやっぱり日本のダート自体が不慣れやし、普段レースをVTRでしっかり見て攻略して来てるわけでも無いし、すごく上手いとは言い難い。

じゃあ下手か?と言われると、国内の女性騎手と比べたらほぼ同等やと思う。

しかし、このLVRも鈴木・小山・別府・下村あたりが参戦していればもっと賑やかになったんやろうけど、女性騎手は入れ替わりが激しいな。

ただな、ミカエル・ミシェルはフランスで女性騎手の最多勝利記録を持ってるからな、日本の馬場に馴染めば馴染むほど、上手くなっていく伸びしろはあるで!

ええか、ミカエル・ミシェルは1995年生まれやで?これJRAの騎手で言うたら松若・石川・小崎・小幡初・義(引退)あたりと同じ年代なんや。

どうやろ、上記の面々でJRAを代表するトップクラスって言えるような騎手はおらんやろ?普通に考えてミカエル・ミシェルもまだまだこれからの若手ジョッキーなんやで!

美人やから注目が集まって馬券も売れるが、馬の能力に見合った着順しか取れないのがジョッキーのつらいところや。

今後もっと上手くなれるかどうかは、有力馬主とのコネが築けるかどうか、それが重要やな。

ジョッキーなんて数乗れば普通は上手くなるし、強い馬に乗れば勝てんねん。武豊が一時期勝たれへんようになったり、デムーロが現状イマイチやったり、川田が殆ど人気馬ばっかり乗れてたり、大半の騎手にとって重要なのはコネやねん。

「お金のために自分が働くのではなく、自分のためにお金を働かせる」それが馬券生活者。わしと同じ方法で馬券生活者を目指したいなら、詳細はこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする