ゆうぞうが心から信頼して尊敬している馬券師→うまめし.com 競馬必勝法

中京競馬で勝つ方法・騎手のチェックポイント

こんにちは、馬券生活者ゆうぞうです。

今日は中京競馬場で勝つ方法について話したいと思う。さて、この金土日は中央競馬の3日連続開催と言う事で、昨日は中山競馬と中京競馬の2場が開催しとったわけやが、わしの昨日の勝負は中京競馬8レースのナリタポセイドン。

少頭数で先行馬も少なめでペースは落ち着くやろうから、3着や4着が続いていて少々ツメの甘さが気になるかも知れへんが、さすがに今回のメンバーやったら時計が違う。どこのポジションになったとしても最後はキッチリ伸びてくれるはずや。

この中京競馬場のダート1900m(1800mも含む)と言うのは逃げた馬が基本的には有利なんやけど、先行した馬が最後だらしなくなるケースをよく見かけるのが特徴やねん。

やから、2番手3番手にしかつけられんような馬やったら、思い切って外差しの馬を買ってみるのも手ぇやな。まぁ今回は12頭やし、馬群の真ん中あたりにつけて最後進路さえ確保出来れば3着に入らないと言う事は考えられない。

また、競馬は馬だけの競走やのうて、騎手の人間関係もよく見ておきたい。今回のナリタポセイドンの騎手は和田竜二やろ、他の人気馬に和田が遠慮してしまうような先輩騎手はおらへん。

つまりや、レース中に和田が誰かを鞭でシバくような事があっても、誰も文句は言わないと言う事や、馬もええ、騎手もええ、配当もちゃんとつく(1.0ではない)なら、買わんほうがおかしいちゅう話やね。こういうケースは中京競馬のようなローカルの競馬場ではしばしば見かける光景やから、覚えとって損はないで。

ごっそりがっつり複勝にぶち込んで、わしのお金が増えるのを眺めるだけの簡単なお仕事や。

ナリタポセイドンは今日のメンツなら…と思ったが、スタートは思ったほど良く無かった。それでもまぁスタート早い馬とスタート遅い馬のちょうど中間ぐらいのスタートで、大きな遅れではないやろう。

和田も手綱を動かして少し前目のポジションを取りに行く。

結局前から5番手に落ち着いて向正面へとコーナーを駆けて行く。内にも外にも前にも後ろにも馬がおるポジションで、これが新人ジョッキーなら包まれっぱなしで不発に終わるシナリオも頭をよぎるが、今日は和田。しかも遠慮の入らない面々。まず抜け出て来る。

しかも上手い事4コーナーで外に馬が1頭もおらん状態になりよった!よしゃ!和田!その隙間を突いて外に出すねん!わしの言う事聞いてたら勝てる!こないだのデムーロみたいにモタモタしとったらあかんで!出られる時にサッと出たらええねん!!!

和田はわしの言う事を聞いて、ちゃんと外に出して、残り300mで5頭が横ならびの叩き合いや!しかし!残り200m以降は和田の鞭に応えてナリタポセイドンが後続を突き放すだけのぶっちぎりの態勢になってゴール。

よっしゃ、よっしゃ。

競馬ってほんま簡単なもんやな。今日も大幅プラスで閉店!!!

馬券だけで飯が食えるほど勝ち続けたいならうまめし.com 競馬必勝法を読む事やな!

最後まで読んでくれてありがとう!面白かったら是非ツイッターフォローもよろしくな!おおきに!サンキュー!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする