ゆうぞうが心から信頼して尊敬している馬券師→うまめし.com 競馬必勝法

安田記念予想と回顧2019

まいど!馬券生活者ゆうぞうです!

安田記念、アーモンドアイ負けはしたけど強かったな!展開的には全然向かんかったのに、よう突っ込んで来たわ。

今回の安田記念のキーポイントはなんと言ってもアーモンドアイやろ。

アーモンドアイは2400mとかの長めの距離の実績があるから、今回は1600mという距離に不安を持ってる人もおるみたいやけど、未勝利→シンザン記念→桜花賞と1600mは勝率100%で来とるからなー。

やが不安が無いわけではない!

はい、わしが予想記事で言うた通りの結果になったな!

やが、ダノンプレミアムは明らかにスタートからおかしかったな。

アーモンドアイは強いと思う。やがダノンプレミアムも相当ヤバイで!

期待してただけに残念やが大事に至らん事を祈るばかりや。

(今のところは異常なしという診断が出てるみたいやな…やれやれ)

パッと見のネームバリューだけで一瞬「こんなん簡単やん」って思ったレースが大波乱になるなんて事は、今ままで何回も見てきたからなー。

大波乱にはならんかったが、アーモンドアイの単勝で楽に当たると思ってた人は残念やったな。あのナリタブライアンも高松宮記念(当時は高松宮杯やけど)は勝たれへんかったからな。

やが立派な結果やと思うで!

やけど、こういうレースって複勝が上手いやつにとって美味しいレースになんねん。複勝で勝つ方法のカテゴリーに色々まとめてるから、いっぺん読んでみ!馬券当たり過ぎて万札の束で財布の底が抜けても文句言うなよ!

馬券だけで飯が食えるほど勝ち続けたいならうまめし.com 競馬必勝法を読む事やな!

最後まで読んでくれてありがとう!面白かったら是非ツイッターフォローもよろしくな!おおきに!サンキュー!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. アイザック より:

    負けて強し、アーモンドアイ……ですが、それなら凱旋門賞出てほしかった……という一競馬ファンとしての本音もあります。

    その中でインディチャンプ、ここしかない抜け出し所で逃げ粘るアエロリットをクビ差でかわしての優勝……去年のダービーのサイン馬券は言い過ぎですが、騎手も福永⇒戸崎の微差決着となりましたね。やはりマイルでは有力馬の力差が少なかったということでしょうか。

    川田と戸崎は色々ツイてないように見えた春競馬、両人の秋の奮戦に期待したいです。

    • 馬券生活者ゆうぞう より:

      今回の安田記念はどの馬が勝っても驚かない実力馬揃いでしたねー!
      アーモンドアイの凱旋門賞、確かに見てみたかったっすねー!

  2. Kenzo より:

    ゆうぞうさんは、強い馬が強い勝ち方をするのが好きということですが、自分の着順を度外視し、絶対にこの馬だけは勝たさないということが、中央競馬にはあると思いますか?というのは、今回の安田記念を見て感じたのは、自分や自分の馬が制裁を受けても、こいつは気に食わんから勝たさん!ということが、できるのではないかと。今回の騎手・馬は、わざとではないですが、わざとやろうとすればできないこともないのではと、不安になりました。
    実は、競輪にはあります。単騎選手が、人気ラインの先頭選手を気に食わず、こいつには勝たせたくないとなると、ずっと、アウトから、そのラインの進路をふさぎっぱなし。となると、この進路をふさいでいる単騎選手自体も、仕掛ける位置で捲りにはいきませんから、相手を負かせても、自身も勝てないわけです。こういった走りは、人気ラインを頭から買っているファンも、単騎選手の一発に期待して頭から買っているファンも当たりませんから、迷惑なのです。
    競馬にもありえるでしょうか、ゆうぞうさんの見解を教えて頂きたいのです。

    • 馬券生活者ゆうぞう より:

      Kenzoさん、どもども!

      > 自分の着順を度外視し、絶対にこの馬だけは勝たさない

      ありますよ!
      吉田と後藤という犬猿の仲の二人がいたんですが、
      後藤が逃げを打った時に吉田が競りかけて延々と二人で逃げてました(笑)
      もちろん最後は揃ってズブズブズブ…

      他にも直線で勝てるほどの手応えのない馬なのに、
      人気馬の進路をわざと塞ぐ騎手もしょっちゅう見ますよ!
      マジで迷惑ですわ!