ゆうぞうが心から信頼して尊敬している馬券師→うまめし.com 競馬必勝法

競馬がつまらなくなる瞬間

まいど!馬券生活者ゆうぞうです!

競馬好きで長く競馬を続けていると、時には競馬がつまらないと感じる瞬間があったりする。こないだの日曜福島最終とか、それ以降の時間帯の佐賀競馬なんかがそうやねんけど、馬券買うてへんからええようなものの、しょうも無いレースは見たくないな!

4/7の福島最終レースは喜多方特別で、単勝1番人気は大外13番コスモペリドットやってんけど、この馬はここ3戦で2着が続いてて、単勝オッズは1.8倍に支持されとったんや。

ネット上では…

丹内に乗せて500万勝とうと思ったらアーモンドアイ用意しろ

とまで言われているが、案の定8着と大敗。

一度500万クラスを勝ってる馬やねんけどな。

連戦の疲れではないかという意見も見られるが、さあどうかな。この馬は小倉で走った時には前半3ハロンを34秒半ぐらいの時計で走っとったわけやが、下りと平坦しかない小倉の1200m戦で勝ちきらん馬をなぜか今回は前半33.9で走らせとんねん。

逃げた馬が2着に残ってるけど、それ以外の先行馬は総崩れやからな、明らかに先行馬にとって苦しいペースになったんやろうと思うで。

勝ったラニカイサンデーは前半34.4やからな、たかが0.5秒、されど0.5秒やわ。

勝ち馬に騎乗していた西村騎手はデビュー2年目ながら今年もう20勝。一方の丹内は6勝。

小倉と違って福島はゆるい坂を上がりながらの先行争いになるが、そこで小倉の時以上の脚を使ったわけや、ほんで福島の直線には上り坂がある。そら脚もあがるわ。

わしは常々言うとるけど、強い馬が強い勝ち方をするのが好きなんやけど、逆にこういう騎乗を見せられるとしょうもないなぁ…って思ってまうねん。

昔もな、わしが1頭「こいつは走るで」と見込んだ馬がおってん。けど、主戦騎手が当時若手の騎手やってんけど、それだけがネックやなと思っとってん。

で、結局大きいところで取りこぼしたんやなー。

昔はデビューから若手が手綱とってても、勝ち上がってG1や重賞になったらリーディング上位の騎手に乗り替わりになってしまう事が多くて、若手騎手がかわいそう…的な意見を持つ人もいたんやけど、もちろんそれもわかんねんけど、若手にチャンスを潰された馬はもっと可愛そうな末路になる可能性があんねんて。

地方のトップジョッキーや海外のジョッキーがJRAに入ってきて、若手の騎乗機会が…とか言うけど、でもさっき言うた馬の主戦ジョッキーが今どうかというと全然伸びてないで?

まあ福島最終のコスモペリドットを買ってた人はかわいそうやな。思ったより長くなったから、佐賀競馬の件に関してはまた改めて書くわな!

「お金のために自分が働くのではなく、自分のためにお金を働かせる」それが馬券生活者。わしと同じ方法で馬券生活者を目指したいなら、詳細はこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. Kenzo より:

    流石、ゆうぞうさんは、複眼力も凄い!
    乗り替えられた若手はかわいそう より、若手に下手に乗られた馬はもっと哀れ、言われてみれば、尤もです。言われてみないとわからないことが、(言われてみて気付くここと) 多いので、ゆうぞうさんと、うまめしcom は、よく見ています。見るたびに新な発見があります。
    私の拙い騎手研究では、一番人気での2着負けは、中央では吉田隼人騎手、地方では、真島大輔騎手がダントツ率のはずです。(真島大輔騎手は、やたらと2着が多い) 勝負弱い騎手とみるか、複勝圏内安定騎手とみるかで、馬券収支は違ってきそうですね。

    • 馬券生活者ゆうぞう より:

      あざーす!
      たしかに真島は(単で)買うと来ないし
      買ってない時には(複で)来るんか−い!という
      イメージありますな!