ゆうぞうが心から信頼して尊敬している馬券師→うまめし.com 競馬必勝法

日経賞予想と回顧2019

ハァッ…ハァッ、ふぅ、馬券生活者ゆうぞうです!

いやー奴らを撒くのに手間取ってしまった、ハァッ…ハァッ、あー危ない所やった、捕まったら消されるところや、さて!日経賞の予想の話しよか!

日経賞は有馬記念と同距離・同コースやから、毎年有馬記念組がよう走るねんけど、今年はサクラアンプルールとクリンチャーの2頭やな。

さて、こっから先はとんでもない裏情報を大暴露したいと思う。

言うで!

な、とんでもない裏情報やろ!

裏過ぎて読みづらいやろ!ただなー、うーん勝率は3割かそこらって感じちゃうか?他の馬よりは好材料揃ってるように見えるけど、結局この馬って勝ったの未勝利戦だけやからね!

4歳馬の成長分に期待って感じやけど…堅くはないやろと思うねんけどな!

クリンチャーは能力は高いから来てしまう可能性はあるけど、陣営のコメントではあくまで今回は「前哨戦仕様の仕上げ」というのは間違い無さそうやからなー。

大阪杯がG1になって以降は日経賞のレベルは下がってて、ルックトゥワイスみたいな条件戦から上がって来たばかりの馬でも結構活躍できるみたいやな。

やからわしとしてはエタリオウ・ルックトゥワイス・内枠2頭も気になるし、どれか1頭選んで複勝ぶち込みをするには向かないレースやと思うわ。

やからわしはこのレース見送り。買わんからな!

…というわけや。

な?むっちゃ裏情報やったやろ?

読者A「おい!ゆうぞう!おまえ舐めt…

サッ!

チョイチョイチョイ、そこまでや!

読者A「ぐぇぇぇぇぇ!」

ハハハ!もうお茶目さんやなーわしのファンなんか!?ん?

読者A「ぐぇぇぇぇぇ!」

あ、毎日杯?毎日杯もこれと言って堅い馬はおらんやろ、買う気せえへんな。現場からは以上でーす!

レース回顧

さて、終わってみればエタリオウ2着とやはり読み通りの「強いが勝ち切るには至らない」という結果。わしは強い馬が強い勝ち方をするレースが好きやから、このレースは手を出さんで正解やったな。

馬券だけで飯が食えるほど勝ち続けたいならうまめし.com 競馬必勝法を読む事やな!

最後まで読んでくれてありがとう!面白かったら是非ツイッターフォローもよろしくな!おおきに!サンキュー!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. Kenzo より:

    うーん、やはり、武が逃げると他騎手は、怖くて競れないんでしょうね。菜七子ちゃんも、未勝利において、3kg減はメチャクチャ有利ですよね。うまめし 馬券孝論から 斤量差は、同等メンバー内 (G1か未勝利)でこそ生きると学びました。

  2. 須藤 より:

    JRA発表と競馬新聞の展開ペース判断ですがJRAは平均なのに対し競馬新聞はスローだったりするのはどうしてですか?

    • 馬券生活者ゆうぞう より:

      須藤さんまいど!
      ペースと一言で言っても
      判断基準は色々あって、
      やからJRAとその新聞とで
      異なる基準で判断してるんでしょう!