ゆうぞうが心から信頼して尊敬している馬券師→うまめし.com 競馬必勝法

若手騎手の本命はベテラン騎手がおらん時に買え

まいど!馬券生活者ゆうぞうです!

先日の阪神JFでは1番人気の牝馬グランアレグリアが断然人気にも関わらず案外の3着に屈したわけやが、わしはグランアレグリアの前走サウジRCが少頭数でメンツも微妙やったから、今回の阪神JFでは懐疑的に見とったんや。

そやけど3着に来れたところを見ると、まあ強い事は間違いなさそうやな。

そんな難しい2歳戦で150円を拾いにいくより、どう考えても佐賀競馬で勝負した方が確実やと思って佐賀競馬で勝負したので、その様子をご覧いただこう。

わしが目を付けたのは日曜佐賀競馬の9レース。

2番人気の6番エイシンリーダーと1番人気の5番ポジティブスタンドは、近走のタイムを見比べてみると、大体似たようなタイムを出せてるし、2頭の中央時代の成績を見比べてみても、どちらも未勝利戦で勝ち馬から0.2秒差という僅差の好成績を残しとる。

6番エイシンリーダーは5歳で、過去の成績を見てもこれ以上は上積みが見込みづらい。一方で5番のポジティブスタンドは3歳やし、新人騎手で斤量が軽くなるのも面白い。

普段は新人の騎手の馬券なんか買わへんねんけど、この出水は今年デビューしたばっかりのわりには順調に勝ち星を拾ってるし、馬も移籍後4戦消化して体調面も良化してきたようやし、騎手もこの馬の癖や特徴を掌握できたころやろ。

前走の勝ちっぷりも立派やったしな。

それにこのレースには山口やら鮫島やらがおらへんしな。真島はおるけど真島の馬は時計面でハッキリと1枚劣るのは確実やし、脚質が競合せえへんのも助かる。

強い馬に若い騎手が乗った時にようあるねんけど、若手が逃げるやん?そしたら先輩騎手が勝てれへんと分かってても後輩に簡単に勝たすかい!いうて競りかけていく場合があんねんけど、それやられたら共倒れになって馬券買うた方はたまらんねん。

真島が逃げて、出水が5番手6番手あたりで脚溜めて、前走と同じように乗れば普通に差せるはずや。わしが思ってるほど上積みや成長がなかったら川島の馬にやられる可能性はあるにはあるが、馬体重プラス10キロは好意的にとらえたいところやな。

いざ勝負!

という事で5番◎ポジティブスタンドの単勝にぶっ込んだ!

スタートはそれほど期待してへんねんけど、一番困るのは馬がなぜか今回だけスタート抜群に出てしまい、騎手が出たんなら逃げよかと逃げに出てしまう事や。

逃げたら真島と競合する。そうなったら川島が後ろでニッコニコやからな。

各馬ゲートにおさまって…スタート!うむ、佐賀競馬名物バラッバラのスタート!5番◎ポジティブスタンドは遅れてもかまへんとは言ったが後ろから2番手とは聞いてない!

まあそれでも無理はさせてないのに5番手あたりにスッと付けられそうやが、馬の手応えが良すぎるんか1コーナーに入るころには3番手前後までポジションが上がる!

3 6 7 5 9 4 1 2 8

逃げたのは思った通り3番真島で、2番手にはなんと6番川島がつけた。

7番キナコは今まで1400mを1分31秒より早いタイムで走った事がない。今日この日このタイミングで、いきなり1分30秒台で走る他の人気馬を蹴散らすとは到底思えない。

6番川島だけどうにかしたら勝てるはずや。

レースは3コーナーに差し掛かって、ここで5番◎ポジティブスタンドがじわりと前に迫って4コーナーでは6番川島と一緒に3番真島を交わして先頭争いの並走状態!

6 5 3 7 4 9 2 1 8

3番真島も何とか必死に粘ろうとするが直線半ばで失速し、先頭は6番川島が先に立つ!

5番◎ポジティブスタンドも決して手応えが悪いわけでは無いが、若手騎手あるあるで「良い馬乗ってるのに直線で追ってもぜんぜん伸びない」というケースもあるから息をのんで勝負の行方を見守る!

あと一息や!出水!なんとかせえ!

わしの気合が通じたのか…

なんとか差し切ってゴール!

三連単の研究中やよって2着3着にかなり悩まされるシーンが多いやろ?1着当てるだけの単勝ってマジ簡単やなって思ってしまうから不思議やわ。

やっぱり単勝でレース読み切って、その通り当たるのは配当を得られる以上の喜びがあって気持ちがええもんやで。

最後まで読んでくれてありがとう!面白かったら是非ツイッターフォローもよろしくな!おおきに!サンキュー!

ゆうぞうが心から信頼して尊敬している馬券師→うまめし.com 競馬必勝法

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする