ゆうぞうが心から信頼して尊敬している馬券師→うまめし.com 競馬必勝法

フォーメーションで多点買いするデメリット

こんばんは、馬券生活者ゆうぞうです。

今回はフォーメーションで多点買いする事のデメリットを競馬初心者でもわかるように説明したいと思う。なぜ、そんな事を書くかと言うと、理由は以下の通り。

先日競馬初心者の人と話す機会があったんやけど、わしはもうびっくらこいてもうた。以前大阪の元会社員の男性が国税局と裁判を繰り広げたのは記憶に新しいが、そのニュースを聞きつけた全国の馬券下手の衆がこぞってマネッコしとるらしいねん。

まぁそれだけなら戦隊ヒーローに憧れてマネッコしてる少年のようでかわいらしいもんやねんけど、大人は欲の皮が突っ張ってるから始末が悪い。

「あの男性が儲けていたソフトはこれなんです…」と言う言葉を鵜呑みにして高額なソフトを買ってしまう人もおるそうやで、あほやなぁ、十中八九そんなん便乗商法の手合いやで。

他にも予想屋に登録して予想を聞いて、予想料は取らへん。そやけど指定金額分買って、当たったら配当金の3割だけ下さいと言う手口もあるんや。

一見当たらんかったら銭はいらんので良心的に感じるアホもおるかも知れへんけど、そんなん大勢にバラバラの買い目を言うて、どれか当たったらええわってなもんやで。

それに回収率130%を達成しても3割払うたら赤字でっせ!算数の問題でっせ!プロのわしでも130%言うたら相当ハードル高いで、国税と裁判した元会社員の男性でもそこまで行ってへんねんで?

それにな、全国で「指定された通り馬券買われへんかったのに、予想当たったんやから3割払わんかい!」とトラブルになってる例がかなり多数あるんや。中には悪どいのがおって、わざと予想メールを送らんかったり、予想画面を見させへんようにして当たった事にしよる奴らもおる。

ちなみにこれは漫画ナニワ金融道で小学校の教頭先生が商品先物の業者に騙されるシーンがあるねんけど、それを彷彿とさせる手口やな。

そやからな、そんな甘い言葉の誘惑は断ち切って、わしの話を聞いて馬券上手になりなはれ、他力本願で楽に儲けたいなぁなんて事を考えるとあかん。そもそも馬券と言うのは馬券購入者同士の銭の奪い合いやで、それを忘れたらあかんで。

ちょっと話がズレたけど、その大阪の例の男性が3連単で多点買いしとったらしいと言う噂を聞いて、全国の馬券下手がこぞって3連単のフォーメーション多点買いを真似してるらしいねん。

あーーーーっはっはっはっは(笑)おもろいやろ、え、おもろない?あ、そう。

ほな、なんで笑うほどおもろいかを説明するわな、まず、馬券と言う物は馬券の売上の総額から主催者が儲ける分を差し引くわけや、ほんで残った金を馬券が当たった人間に分配する仕組みになってんねん。

と、言う事は、仮に馬券を全通り買ったとすると、その主催者が差し引く分があるから一時的に高配当でプラスになる事があったとしても、長い目で見ると必ず馬券の収支はマイナスになる。ここまではOKやね?

ほんで、フォーメーションに限らずやけど、マルチやボックスやらで多点買いすればするほど「全通りに極めて近い買い方になる」と言う事が見えてないわけやねん。

馬券を予想するための基礎を固めてへんのに、買い方の上っ面だけ真似しても勝てるようになるわけ無いやろ。まずは1頭馬券に絡む馬をちゃんと見抜けるようにならんかい、全ての話はそこからスタートやで。

わしの師匠である北村先生に競馬で勝ち続ける方法を教えてもらったらええねん、馬券力をバイーン!と上げて、しょうもない損をせんようにせなあかんよ!

最後まで読んでくれてありがとう!面白かったら是非ツイッターフォローもよろしくな!ぜひSNS、あなたのブログなんかで皆に紹介してやってください。そうすると単純なゆうぞうは嬉しくてテンション上がって更新頻度がアップします!とにかくおおきに!サンキュー!

馬券上手くなって勝ちたいけど、どうやってレベルアップしたらええかわからん人には、うまめし.comの競馬教科書をオススメするで!わしも読んだから今勝ててるからね。アフィリエイトとかじゃないで!小銭欲しさにテキトーなモノを紹介したりはせえへん。友達に美味いラーメン屋を教える時にはホンマに美味い店を教えるのと同じで、ブログの読者を大切に思ってるからこそ真剣に競馬教科書オススメしてんねん!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする