ゆうぞうが心から信頼して尊敬している馬券師→うまめし.com 競馬必勝法

騎手の勝利数がエージェントによって影響されても日本競馬は先細りにならない

こんにちは、馬券生活者ゆうぞうです。

騎手の騎乗依頼仲介者であるエージェントって知ってます?エージェントちゅうのは昔は騎手が直接調教師とかに営業かけたりして乗り馬を確保してたのを、調教師と騎手の間に入って上手いこと調整してくれる代理人の事なんや。

参考:騎乗依頼仲介者一覧で騎手の担当エージェントが見られます

ほんで、エージェントにはそれぞれ二人の騎手を担当できるという決まりごとがあって、有力な騎手を抱えているエージェントには有力馬の陣営から騎乗依頼がひっきりなしに来るわけやな。

ほんで、最近では馬主の数が昔と比べて減ったから、調教師が偉そうにしてた時代と違って馬主様様の状態で、馬主にしてみれば若い技術の甘い騎手じゃなく、腕の立つ騎手に乗ってもらいたいわけや。

やから特定のエージェントのもとに良い馬の騎乗依頼が集まる。昔は馬主が望んでも「いや、うちの所属騎手で行きます!」と強気に言えたそうやが、今は馬主の方が立場が上やねん。

そうなるとまだまだ未熟でエージェントに恵まれない若い騎手の騎乗機会が減って、騎手が育たないという事を問題視している人がおるようやが、まぁ確かにこれからの若い新人騎手にしてみたら大変な時代なんかも知れへん。

そやけど「このままでは騎手が育たず日本の競馬は先細りになっていくで!」というのは間違いやとわしは思うねん。なんでかっていうと、今は誰がエージェントか?というのが乗り馬の質に大きく関わる時代やが、昔は昔で「どこの厩舎所属か?」というのが乗り馬の質に大きく関わってた。

要するに「どこの厩舎所属か」も「誰がエージェントか」も、結局誰にコネ持ってんねん?という話であって、エージェント制度がどうのこうのなんて別に問題の本質では無いねん。

ホンマに若手の騎乗機会減少を根本から解決しようと思ったら、競艇は出場する選手がくじ引いてボートとエンジンを割り当てられるんやが、競馬もそんな感じにせんと、どうしても機会の不公平は出てくる。

やが、完全な公平になったらなったで競艇のジジイ選手みたいに「勝つ気ないけどまぁ一周まわったら銭もらえるから引退せんとこ」みたいな奴が増える。結局どうやっても問題は残るはずや。

野球選手でもサッカー選手でも、ひと握りの脚光を浴びる選手の影に、どれだけ多くの選手の屍が転がってると思ってんねん。プロの世界なんてそんなもんやろ。

馬券買うてるファンはな、ヤネが日本人か外人か、若者かジジイかなんか関係無いし、騎乗馬の質が実力で勝ち取ったかマグレか、コネか、そんなんどうでもええねん。自分の思った通りに走ってくれたらそんでええねん。馬主かて同じやわ。結果出す奴に乗って欲しいねん。

時々「このままでは日本の競馬は先細りになる」とか言う奴おるけど、ならへんならへん。先細りになるのは日本の競馬やなくてJRAの日本人騎手の数が先細りになる可能性があるってだけや。

騎手は中央競馬の生え抜きと、あとは地方競馬と、海外から這い上がって来た奴をバンバン入れたったらええやんけ。どこに競馬界全体が先細りになる要素があんねん。先細りどころかどんどんハイレベルになって世界で最も騎手のレベルが高い国になるわ。

良い騎手を抱えたエージェントの元に良い馬の騎乗依頼が集中する事がさも問題であるかのように言ってる人がおるが、それが本来の姿やねん。当たり前やん。競争する業界やねんから。

今までがチャンスを与えられるべきでは無かった騎手にチャンスを多く与えられていただけで、やっと普通の競争状態に戻っただけの話やのに、それで日本の競馬が先細りになれるもんやったらさせてみてほしいわ。

世の中の人みんな、チャンスなんて誰かに用意してもらうもんやなくて、自分で探して必死になって掴みに行くもんちゃうんかい!ちゅう話やねん。

そもそも中央競馬の騎手も地方競馬の騎手も同じように日本国内の専門の競馬学校(養成所)を卒業した人間だというのに、新人1年目からすでに中央競馬と地方競馬では所得に大きな差がある。そっちの方がよっぽど「ホワーイ!?ジャパニーズピーポー!?」やろ。

JRAの新人が今までチャンスに恵まれすぎていただけの話やがな。世の中そんなもんやて。

これが普通やねんて。

それに「誰がエージェントか?」で騎手の成績が決まるのは馬券的には結構な事や。

例えば出馬表を見た時に「おや、こいつとこいつは同じエージェントやが、こっちの馬には一番手(担当している騎手で腕の良い方)の騎手、こっちの馬には二番手乗せてるな、ほんなら一番手乗せてる方が馬券になる確率が高いちゅう事か」と予想が簡単になる。

また時には、あの騎手は腕が良くてエージェントも優秀、つながってる厩舎馬主も言うこと無い、やから常に過剰人気になるから、あえて2番人気のこっちの馬を…という作戦もありやわな。

競馬初心者は血統やエージェントなんて予想のファクターにしづらいからな、わしのように昔から馬券で競馬産業を支えてきた知識豊富なオールドファンが儲かる時代になったという事やがな。

わしは強い馬が騎手のせいで2着になるのが嫌いやねん。常々言っているように強い馬が強い勝ち方をする。これがわしのもっとも見たい競馬やねん。ハンデとか与えて「どれが勝つかわかりませんよー、チャンスは均等ですよー」みたいな競馬大嫌いや、そんなんがええ奴はロト6でも買うとけや。

最後まで読んでくれてありがとう!面白かったら是非ツイッターフォローもよろしくな!ぜひSNS、あなたのブログなんかで皆に紹介してやってください。そうすると単純なゆうぞうは嬉しくてテンション上がって更新頻度がアップします!とにかくおおきに!サンキュー!

馬券上手くなって勝ちたいけど、どうやってレベルアップしたらええかわからん人には、うまめし.comの競馬教科書をオススメするで!わしも読んだから今勝ててるからね。アフィリエイトとかじゃないで!小銭欲しさにテキトーなモノを紹介したりはせえへん。友達に美味いラーメン屋を教える時にはホンマに美味い店を教えるのと同じで、ブログの読者を大切に思ってるからこそ真剣に競馬教科書オススメしてんねん!

ゆうぞうnote

コメント

  1. のりぴょん より:

    ゆうぞうさん、色々勉強なります。
    教科書を読みながら、期待や戸惑い…
    何やろ、子供の頃に経験したなんとも言えんワクワク感… ただ、Mystyleとは全く別物の手法で、
    起爆剤になってるのは確か。
    ゆうぞうさんは、Mystyleと競馬教科書の手法の割合はどれくらいでしょうかね? 丸乗りでもないでしょ? しかし、競馬に対する見方がかなり変わりましたわ。 えぇ~~意味で

    • 馬券生活者ゆうぞう より:

      のりぴょんさん、まいどです!
      うーん割合なんて考えた事も無いので、
      考えてみましたが、よくわからないですね!(笑)