ゆうぞうが心から信頼して尊敬している馬券師→うまめし.com 競馬必勝法

競馬予想 考え方

こんにちは、馬券生活者ゆうぞうです。

今回は競馬予想の考え方について語ってみようかと思う。競馬予想の考え方で多くの人が誤解しているのは、各馬の過去の実績を見比べたりして、どの馬が強いのかな?なんて事を探っていくのが競馬予想だと思ってると言う点。

ま、もちろんそれも間違いって言うほどでもなくて、競馬予想の中で必要なプロセスではあるねんけど、実はそういう数値化されている部分以外のところに目を向けると、馬券の極意である「他人と違った馬券を買う」と言う結果に結びつくんちゃうかな。

例えば、今日の名古屋競馬の最終レースでは、4番トウショウヴォワが1番人気に推されておったんやが、締め切り20分前ぐらいやったかな、確か単勝オッズ1.0倍ぐらいやってんけど、締め切りが近付くに連れてトントン拍子にオッズが上がって結局1.9倍ぐらいまで戻ったんや。

オッズが上がって行った背景には、金沢の馬やし、まぁ前走勝ってるけど金沢競馬での話しやし、名古屋競馬の馬と戦ってどうやねん?と言う気持ちもファンの間にあったんやろな。

ところがどっこい、この馬は以前に名古屋競馬のJRA交流レースに出てて、後続を3馬身突き放して勝ってんねん。まぁそん時はJRA所属馬としての立場やってんけどな。

ここまでが「この馬強いかな、どうかな?」の思考プロセスやけど、ここであとひと手間。この馬はさっきも言うたように金沢競馬所属の馬やねん。その馬がわざわざ名古屋競馬の1着賞金14万5000円のレースに遠征してまで出走して来てんねん。

万が一にでも5着やそこらの着順やったら賞金7000円やで?そんなもん勝算も無しに来てるわけあらへんし、体調が良いからこそ連れて来てるに決まってるやんか。サラブレッドちゅうのは所詮経済動物やからな、人間の都合で働かされている立場やさかい。

そういう人間側の都合抜きにして競馬予想をしてもあかんねん。ほんで、いくら人間側の都合と言っても馬券を買う側の人間の都合なんて誰も知ったこっちゃあらへんからな、1.9倍やったら安いから、5.5倍で3番人気のフレームエンゼルに来て欲しいなぁと思ったところで、だーれもそんなん聞いてくれへん。

馬券を買う側の人間は、走らせてる側の人間の都合を読み取ってあげて、それに沿うような馬券を買ってあげる。そうすれば馬券は勝手に当たるようになってんねん。

結局スタートで少々モタついた感じはあったものの手綱をしごいてサッとハナに立ったトウショウヴォワ。ふふん、あとはペタペタとマイペースで走って最後突き放して終わりやろ、簡単なお仕事やで、右手一本でネットで馬券を買って、ハナクソでもほじっていれば金が増えるんやから。

と、そこでネットの中継画面をピンクの帽子がサッと横切って先頭に踊り出る。うん?そうそうそう、これが10番のクーファリリーでね、わしの買うてへん馬が先頭に立って、そのまま逃げ切っ…








グォウラァァ!!!クーファリリー!!!貴様の飼い主の都合なんかどうでもええねん!今はこの名古屋競馬の最終レースはわしの都合だけで走らんかい!!!!!!オンドレのせいでわしの買ったトウショウヴォワはハナ切るのに脚を使わされた上に2番手で、オンドレがペース上げた分先行馬総崩れみたいな展開なったら県境ぐるっとチョップして、愛知県ごと海に沈めたるからな貴様ァァァァ!!!!!

聞いとんかぁぁぁぁぁ!!!馬ァァァァァァァ!!!!

とコメカミに青筋を浮かべて発狂していると我がトウショウヴォワがスーッと先頭に並びかけての3コーナー、よっしゃ!そのまま行ったれ!他人の都合なんか知らん!わしの都合や!行け!!!

しぶとく食い下がるクーファリリーをなんとか突き放してトウショウヴォワ1馬身半のリードを保って1着でゴール。

わっしょーーーーーい!

ふふふ、いやー最初からこうなる事はわかっていたよ、ちょっと取り乱した振りをしたまでさ下々の民よ、そう心配そうな顔をするでない、フォフォフォ。

今回は人間が「馬の調子が良いので、ひと稼ぎさせましょう」と言う都合で動いた結果、それを読み取ったわしは馬券で儲ける事が出来たわけやが、実はこれには逆パターンがあって、「馬の調子は悪いねんけど、G1レースやから出走させなしゃあない」と言う人間の都合で出走させる事も当然あるわけや。

弱い注目されへん馬なら別にどうでもええねんけど、これがある程度実績がある馬やったりしたら、どうしても出走してきたらそこそこの人気集めてまうやろ?そういう馬の関係者の思惑を見抜いてスパッと切るのもプロ馬券師に求められるスキルなわけや。

中央競馬やと、未勝利の時はレース数が多くて、いつでもどんな条件でも馬の能力や状態に合わせたローテーションを組めるけど、上のクラスに行けば行くほどレース数は減って「本来得意な条件では無いんだが…」とか、「ホンマはもう1週間休ませて体調を整えたいが、そうすると出走するのに適した番組が無いし…」とか、そういう馬の都合に合わせられへん時が出てくんねん。

馬が強いか弱いかだけでは馬券はとれまへんで!!!

「お金のために自分が働くのではなく、自分のためにお金を働かせる」それが馬券生活者。わしと同じ方法で馬券生活者を目指したいなら、詳細はこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする