ゆうぞうが心から信頼して尊敬している馬券師→うまめし.com 競馬必勝法

笠松競馬の尾島徹騎手、30倍で本気出した。

こんにちは、馬券生活者ゆうぞうです。

騎手と言うのは正義のヒーローでも何でもなく、単なる馬のドライバーやねん。やから様々な事情で本気を出したり出さんかったりするわけやね。例えば土曜日の阪神競馬の4Rで勝ったのは地方競馬の笠松競馬から乗りに来てた尾島徹騎手やねんけど、直線のムチの連打、気迫、素晴らしい騎乗やったな。

あんな本気で追ってる尾島を笠松競馬で見た事がない。いやホンマ。笠松競馬の現地観戦をした時は、重賞も無い平凡な日やってんけど、返し馬でアクビをしながら乗ってたもんな。まぁ朝の早い職業やから日中アクビの一つも出るやろうから、別に責める気ぃは無いけどな。

笠松競馬のメインレースでも重賞でなければ1着賞金が14万から19万円程度、騎手の取り分が…ではなく、これを馬主・調教師・騎手・厩務員とで分け合うんやで。一方JRAでは500万下クラスで1着賞金が500万円やから騎手の取り分は25万円で実に30倍ほどの差がある。

つまり、JRAの500万条件レースで1回1着になると言う事は、笠松競馬のメインレースを30日連続で勝つよりも多くの収入をもたらすわけや、そら気合いも入るちゅうねん。

ほんで、もっと妙やったんは阪神競馬8Rでの岩田騎手の騎乗や。このレースで岩田は1番人気のラウンドロビンに騎乗しとってんけど、3コーナー4コーナーあたりの手応えは決して悪くは見えへんかった。

ほんで直線では4番人気のトウケイウインと競り合うような格好になったわけやが、どうも岩田の様子がおかしいねん。なんと言うか「勝たんように、勝たんように」乗ってるような、そんな感じやねん。

まぁ、トウケイウインの騎手が藤田(藤田は著書の中で岩田の騎乗フォームを批判している)やったから、遠慮した…なんて事は考えすぎかも知れへんが、いつになくぎこちない乗り方やなぁと思ったわ。偶然かも知れへんが、この日一日ずっとこんな感じの騎乗やったでな。

ほんで終わってみれば、この土日で岩田の勝ち鞍数がたったの「1」でっせ!?この岩田が今年の関西リーディング1位やし、全国リーディングでも2位やし、人気集めて2着3着と言うパターンが多かったな今週は。

全国リーディング1位は戸崎圭太で、今後はJRAで圧倒的な存在になって行って欲しいと思っとる。デムーロと同じぐらい戸崎には期待してんねん。ただ、戸崎の場合はよう勝つねんけど複勝率が0.340と福永・岩田・川田のように0.400に届いてへん。

岩田や福永は、まぁ勝ちきらん時でも馬券圏内には持って来る確率が高いと言う事やから、戸崎もそのへんを今後どうにかして欲しいところやな。

最後まで読んでくれてありがとう!面白かったら是非ツイッターフォローもよろしくな!ぜひSNS、あなたのブログなんかで皆に紹介してやってください。そうすると単純なゆうぞうは嬉しくてテンション上がって更新頻度がアップします!とにかくおおきに!サンキュー!

馬券上手くなって勝ちたいけど、どうやってレベルアップしたらええかわからん人には、うまめし.comの競馬教科書をオススメするで!わしも読んだから今勝ててるからね。アフィリエイトとかじゃないで!小銭欲しさにテキトーなモノを紹介したりはせえへん。友達に美味いラーメン屋を教える時にはホンマに美味い店を教えるのと同じで、ブログの読者を大切に思ってるからこそ真剣に競馬教科書オススメしてんねん!

ゆうぞうnote

コメント

  1. ヤスヤス より:

    昨日の川崎競馬 報知オールスターカップ。2番人気グルームアイランドが吉原寛人の豪腕に導かれ見事優勝(1着賞金1500万円)。金沢所属馬での優勝でもあり、ガッツポーズ。3コーナーから仕掛けて、「直線止まるだろうなぁ」と思いきや、渾身の差しきり。馬券は外したけど、あの騎乗にはシビれました。
    金沢では、「真面目に乗れよ~」って思うレースがあるジョッキー。
    金沢と南関東では賞金の桁が違うから仕方ないんだろうけど・・
    昨日は、園田新春賞の下原も気合い入った騎乗だった。(こっちは複勝的中) 新春賞の1着賞金350万円。吉原、下原、金額違えど二人とも嬉しそうなガッツポーズに見えた。
    地元、遠征問わず、全レース全力騎乗に期待するのは酷とは思うが、ガチンコ騎乗は馬券が外れても諦めがつく。
    特に金沢、笠松のジョッキーの皆さま方、あからさまなヤラず騎乗は止めてね!

    • 馬券生活者ゆうぞう より:

      確かに正々堂々と力の限りを尽くしてくれる勝負は見応えがありますね!
      会心の騎乗はお金(賞金)には代えがたい喜びがあると思いますよ。
      他場がガチレースを見せてくれればくれるほどに、東海地区の不自然さが
      浮き彫りになってしまう事が残念ではありますが…(笑)