ゆうぞうが心から信頼して尊敬している馬券師→うまめし.com 競馬必勝法

デムーロがJRAで通年騎乗するようになったら、デムーロばっかり買おうと思う

こんにちは、馬券生活者ゆうぞうです。

JRAでは、外国人ジョッキーに対して日本で通年騎乗できる免許を取得出来るようになり、昨年はお馴染みイタリア人騎手ミルコ・デムーロが受験したが、結果は不合格やった。

ほんで、今年はデムーロとルメールの両騎手が1次試験を合格して、次は1月に行われる口頭2次試験を通過すれば、晴れて「JRAのデムーロ騎手・ルメール騎手」となるわけや。

はっきり言ってわしは大歓迎。

日本人ジョッキーにするとライバルが増えてたまったもんじゃ無いかも知れへんが、わしはJRAで最も信頼できる「突き抜けた存在の騎手」が欲しい。

上手い騎手はもう沢山おるねん。岩田・浜中・戸崎あたりは言うに及ばず、JRA移籍を狙ってる吉原なんかの地方ジョッキーがさらに追加されればさらに激戦となる事は必至やろう。

ほんで、上手い騎手が増えれば増えるほど、レベルの高いレースが観戦出来て確かに見応えのあるレースは多くなるとは思うが、結局騎手の能力が上位拮抗になると、馬券が難しくなってしまうと言う弊害が起きる。

例えば兵庫県の園田競馬やと木村騎手、高知競馬なら赤岡騎手に永森騎手が最近腕を上げて来たが、彼らのような「突き抜けた存在の騎手」がいると、馬券で大勝負する時に安心感もあり、さらに高い確率で結果を出してくれる。

門別競馬や吉原不在時の金沢競馬のように「低いレベルの拮抗」も馬券を買う側としては勘弁してくれよと言う話やが、現状のJRAのように昔とは比べ物にならない激戦地になってしまっては、いくら信頼できる騎手を軸にしたところで、ライバル馬にも信頼出来る騎手が乗っているわけで、全く安心感が無い。

先日の秋華賞が良い例の1つになるかと思うが、ヌーヴォレコルトに岩田騎手が乗ると言う事で、これは鬼に金棒、嫁はんにカネボウやと思った人も多いやろう。ところが、そのライバル馬であるショウナンパンドラに浜中騎手が乗った結果があれやがな。

秋華賞での浜中の騎乗は文句のつけどころが無い。もちろんインを突いて馬群が捌けたのは実力意外にも運が必要やったのは確かやが、それにしても見事やった。

信頼できる騎手は1人か2人おったらええねん。と言うのが今のところのわしの持論や。

地方競馬でトップクラスの騎手はJRAに移籍して行って、地方競馬騎手がどんぐりの背比べのような力量差になり混戦を極め、JRAには国内外からトップクラスが集結してこれまた高いレベルのどんぐりの背比べになって混戦を極める。

やからデムーロには期待してる。是非他の追随を許さないほどの圧倒的な信頼できる騎手になって欲しい。

最後まで読んでくれてありがとう!面白かったら是非ツイッターフォローもよろしくな!ぜひSNS、あなたのブログなんかで皆に紹介してやってください。そうすると単純なゆうぞうは嬉しくてテンション上がって更新頻度がアップします!とにかくおおきに!サンキュー!

馬券上手くなって勝ちたいけど、どうやってレベルアップしたらええかわからん人には、うまめし.comの競馬教科書をオススメするで!わしも読んだから今勝ててるからね。アフィリエイトとかじゃないで!小銭欲しさにテキトーなモノを紹介したりはせえへん。友達に美味いラーメン屋を教える時にはホンマに美味い店を教えるのと同じで、ブログの読者を大切に思ってるからこそ真剣に競馬教科書オススメしてんねん!

ゆうぞうnote