ゆうぞうが心から信頼して尊敬している馬券師→うまめし.com 競馬必勝法

地方競馬ダートグレード重賞 と 中央競馬OP特別 どちらが格上か?

こんにちは、馬券生活者ゆうぞうです。

今日は台風の影響で京都競馬は明日に延期(佐賀競馬は開催取り止め)となったが、東京競馬と盛岡競馬では予定通りにレースが組まれた。祝日と言う事もありJRAと地方競馬のダートグレードが同日に開催されると言う少々珍しい日やったわけやな。

東京競馬場のメインレースはOP特別のエルコンドルパサーメモリアルで、盛岡競馬のメインレースはダートグレード競走のマイルチャンピオンシップ南部杯と言う一応Jpn1と言う国内ではG1級の競走として扱っているレースや。

ほんで、このダートグレード競走にはご存知の通り地方競馬の馬と中央競馬の馬が同じレースで入り乱れて走るわけやが、当然中央競馬の馬は地方競馬場で開催されるダートグレードに出走したり、中央競馬で開催されるダートのレースに出たりするわけや。

やから競馬初心者にとっては出馬表の馬柱には「前走Jpn3(G3)競走勝ってまっせー」と載ってはいるものの、果たして中央競馬の重賞と比べてどの程度の値打ちがあるものかが計り知れない場合もあるんちゃうかと思うねん。

わしの主観も入ってしまうかも知れへんけど、地方競馬のダートグレードは中央競馬で言うと、せいぜいOP特別とどっこいどっこいか、ちょっと低いぐらいやと思う。

地方競馬所属馬と、中央競馬所属馬が一緒に走ると言う性質から、トウホクビジンのように「参加する事に意義がある(出走手当)」ような馬や、能力的にどう考えても足らない高知や笠松の馬なんかを考慮せえへんかったら、せいぜい実質6頭立て・7頭立てとかの競馬やもんな。

勝ったならまだしも、その実質6頭立てほどのレースで3着や4着になっているようでは、とても中央競馬のレベルでは偉そうにはでけへん。

実際今日行われたエルコンドルパサーメモリアル(OP特別)でも、エーシンビートロン・サマリーズ・アドマイヤサガスと言った「前走地方のダートグレード好走組」がことごとく馬券圏外に吹っ飛んでるわな。展開が向かんかったのもあるけどな。

ちなみにこのレースでは先行馬が多くてハイペースに絶対なるやろと読んで、わしはワイドバッハの複勝に結構な大金をぶっ込んでおった。直線を向いた時には良い手応えで大外に持ち出して、先行馬も残り200mで脚が止まったように見えたが、最後の最後差し切るまでは手に汗握ったわホンマ。

先行した馬が完全にぶっ潰れてしもたレースやと言うのに、1番人気のタールタンは2着に粘りよったでな、競馬でレースが荒れる理由は展開にあるを読めばそれが結構すごい事であるのは理解してもらえると思う。

ほんで、ワイドバッハの的中に気をよくしたわしは盛岡のマイルチャンピオンシップ南部杯も馬券を買ってあげる事にしたんやが、こっちは展開も糞も捻る必要が全く無い。

なんせ地方競馬で行われるダートグレードレースは、 ダートグレードレースは97.5%の確率で単勝4番人気以内の馬が勝つ事がデータでわかるやから、単勝を買う人間にとっては実質4頭立てのレースやと言える。

もちろんわしが選んだのは戸崎圭太騎乗のベストウォーリア。

JRAも開催している日に、戸崎ほどのトップジョッキーがわざわざ盛岡まで足を運ぶと言う事は、JRAで1日騎乗するよりも盛岡で1レース乗る方が稼げると踏んだからにほかならず、ならばこの南部杯で勝たなければどこで勝つと言う話やわな。

結果は4馬身圧勝で120円の配当を的中させてご満悦。

さーて、明日は台風で延期になった京都競馬の開催や、みんなちゃんとIPATで昼休みとかに馬券しこたま買うねんで!わしが全部かっさらって行ったるからな!がはは(笑)

最後まで読んでくれてありがとう!面白かったら是非ツイッターフォローもよろしくな!ぜひSNS、あなたのブログなんかで皆に紹介してやってください。そうすると単純なゆうぞうは嬉しくてテンション上がって更新頻度がアップします!とにかくおおきに!サンキュー!

馬券上手くなって勝ちたいけど、どうやってレベルアップしたらええかわからん人には、うまめし.comの競馬教科書をオススメするで!わしも読んだから今勝ててるからね。アフィリエイトとかじゃないで!小銭欲しさにテキトーなモノを紹介したりはせえへん。友達に美味いラーメン屋を教える時にはホンマに美味い店を教えるのと同じで、ブログの読者を大切に思ってるからこそ真剣に競馬教科書オススメしてんねん!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. ひるあんどん より:

    はじめまして。いつも勉強させてもらっています。

    おっしゃる通り、地方競馬のダートグレードは重賞とは言っても、G3なら中央のオープンクラスとどっこいどっこい、牝馬のG3なら混合の準オープンとどっこいどっこいという気がしますね。

    中央馬にとっては賞金枠をクリアして、出走するまでが大変なので、そこまで出世したダート馬に対する、ご褒美なのかなとも思います。

    格の割にレースレベルが微妙になる一方で、他の馬に邪魔されることが少なく、強い馬同士のマッチレースが楽しめるのが何よりの醍醐味ですね。

    いつも更新楽しみにしています。これからも頑張ってください。